妻は幸福になるものだ

七十三歳の老漢学者が、三十七歳の若い細君をうしろにしたがえて海岸を散歩し「ソレ達人〈大観ス」とサッマピワの「城山」を岬っているあいだに、若い細君は海中へ身を投じて自殺してしまった。これはご承知のように、ついこの間の新聞記事です。最愛の若い妻を死なせたこの老漢学者は、新聞記者の問いに答えて「ワシはほんとうにアレを愛していたし、アレもまたワシとの静かな生活に満足しているようだったのに!」といった返事をしています。しかし七十三歳の老人に、三十七歳の女の心理や生理がはたしてどれほど如実に理解できたでしょうか。きくも愚かな話です。妻をいたわり、やさしい言葉をかけるだけで、妻は幸福になるものだくらいに、この老漢学者は考えていたのではないでしょうか。彼等の性生活はどうだったかなどというやぽな話はいわないとして、とにかく、七十三の老人と三十七の女とでは、まるでなにもかもちがっています。男女の愛情にしたところで、この年齢の間隙をじゅうぶんにうずめることができるほど、すばらしい奇蹟力をもつものではありません。lとにかくこの老漢学者には妻の生理も、それから心理も、わからなかったといっていいと思います。わかるはずがないのです。そしていちばんいけないことはわかろうとしなかったことです。おたがいにもう少し水臭く距離をおいて眺め合い、できるだけ親しい仲間、友達となろうと努 めること、これが新しい夫婦道ではないかと私は考えます。少なくとも、妻をわかりきった女としてとりあつかうより、正体のわからぬ異性としてとりあつかい愛した方が、よけいな悲劇の発生率はグンとへるでしょう。妻の隅から隅まで、知りきったと思うからこそ、夫は他に正体のわからぬ女を愛人にもちたがるのです。

出典:出会い アプリ

DK085_L
相互リンク開く

Post navigation